ホーム  自己紹介  医院紹介  よくある症状 リンク ギャラリー 

お知らせ



診療予定 当月と翌月の診療予定です

 ○診療時間については → こちらをご覧下さい。
 
一日診療日は 午前中の診療日は 一日休診日は
で示しています

 12月  1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
27日午後~1月4日は休診致します 1月4日まで休診致します。
トピックス 最近の話題から拾っています
〇 おたふくかぜと難聴(17年12月1日)

 今年10月17日の産経新聞朝刊に「おたふくかぜに難聴リスク-専門家はワクチン勧める」と云う記事が掲載されました。今回はこのおたふくかぜ(流行性耳下腺炎:ムンプス)と難聴を中心に取り上げてみました。

 昨年2016年はムンプスが大変流行した年でした。ムンプスはウイルスによる感染症で、主に咳やくしゃみなどからの飛沫感染で伝播します。潜伏期間は平均18日で、発症すると耳下腺の腫れや痛み(通常は両側性で48時間以内にピークがある)、発熱を主症状とします。ただ、耳下腺が腫れる前(7日~9日程度)より感染者からウイルスの排出を認め、本人が自覚していなくとも感染源となり感染が拡大します。通常は1~2週間ほどで改善しますが、30~40%は症状が出ない不顕性感染です(不顕性感染者からもウイルスの排出があり、感染源となります)。3歳~6歳の幼児の罹患が60%ほどを占めています(4歳児が最多)。以前は春から夏にかけて流行したのですが、現在では一年を通して流行が見られるようです。

 ムンプスは幼児では無菌性髄膜炎が、思春期以降では男性の精巣炎(20~40%)を併発することが有名ですが、実際は無菌性髄膜炎は頻度は高いものの(1~10%)、比較的軽症で予後は良好です。また、精巣炎の両側罹患は少なくムンプス罹患後の不妊症はまれとされています。これらの他に、予後の悪い合併症として脳炎と感音難聴があります。脳炎の発症頻度は0.02~0.3%で助かっても重篤な後遺症を残します。難聴は神経性のもので、わが国の調査では100~1000人に一人の頻度で発症するといわれています。この場合の難聴の多くは一側性ですが高度の難聴~聾の状態となり回復しません。ムンプスに感染しても耳下腺腫脹を伴わずに難聴を起こした場合は突発性難聴と診断されることもあるようです。また、両側罹患の場合は人工内耳の適応となる場合もあります。かかってしまうと対処的な治療法しかないムンプスですが、有効なワクチンがあり、先進国の多くではワクチンを定期接種しています。

   罹患部位 自然感染   ワクチン 


 耳下腺腫脹   60~70%  3%
 精巣炎  20~40%  殆どなし
 卵巣炎  5%  殆どなし
 無菌性髄膜炎  1~10%  0.01~0.1%
 難聴  0.01~5%  不明
 日本では1989年4月から、はしか、風疹、ムンプスの三種混合ワクチンが定期接種され一時期はムンプスの流行は抑えられたのですが、ワクチンの副反応である無菌性髄膜炎を理由に1993年4月から任意接種に変わってしまいました。ワクチンを接種していてもムンプスに再罹患することはありますが、症状は軽く無菌性髄膜炎の合併リスクも1/10程度になると報告されいて、難聴リスクも大幅な低下が見込めます(表参照)。「難聴」の項の「不明」は頻度が分からないほどまれと云われます。現在、ムンプスワクチンの接種率は30~40%に低迷しています。ワクチンを接種した方がワクチンによる副反応を考えてもメリットがあると思います。ムンプスによる難聴は回復が見込めず、生涯にわたって残るため職業選択にも影響することがあります。そうなる前に小児科医と相談の上、ワクチン接種を考えてほしいのです。

   【今までのコラムはこの下を参照↓】 

2017年のコラム 
日本カビ(Candida auris)について(17年11月1日)
特発性肺線維症について(17年10月1日)
気象病について(17年9月1日)
就寝中のこむら返りについて(17年8月1日)
タバコと子どもの健康被害について(17年7月1日)
アニサキス症について(17年6月1日)
専門医制度について(17年5月1日)
医師国家試験について(17年4月1日)
豆乳の口腔アレルギーについて(17年3月1日)
加齢性難聴(老人性難聴)について(17年2月1日)
2017年のスギ花粉飛散予測(17年1月1日)

.
2016年のコラム 
 オプジーボについて(16年12月1日)
 言語聴覚士について(16年11月1日)
 麻疹(はしか)の流行 (16年10月5日)
 2016年流行性耳下腺炎の流行(16年9月1日)
 ドーピングに関して(16年8月1日)
 IROOPってなに?(16年7月1日)
 気管支サーモプラスティについて(16年6月1日)
 「エコノミークラス症候群」について(16年5月1日)
男性の更年期障害について(16年4月1日)
ジカ熱について(16年3月1日)
胃がん確率 簡易チェックについて(16年2月1日)
2016年のスギ花粉飛散予想(16年1月1日) 


2015年のコラム 
ボタン型電池の誤飲 (15年12月1日)
顧みられない熱帯病について(15年11月1日)
公認心理師の創設について(15年10月1日)
劇症型溶血性連鎖球菌感染症(15年9月1日)
電子タバコについて(15年8月1日) 
中東呼吸器症候群(MERS)について(15年7月1日)
 コーヒーで長寿 (15年6月1日)
 エボラ出血熱の現況 (15年5月1日)
 スマホ難聴に注意(15年4月1日)
 COPD(慢性閉塞性肺疾患)について(15年3月1日)
扁桃病巣感染症について(15年2月1日)
2015年スギ花粉飛散予測(15年1月1日)

2014年のコラム 
 軟骨伝導補聴器について(14年12月1日)
 ピロリ菌について(14年11月1日)
 デング熱について(14年10月1日)
 エボラ出血熱について(14年9月1日)
 精神疾患名の変更(14年8月1日)
 STAP細胞の今 (14年7月1日)
 ホウ素中性子補足療法について(14年6月1日)
 健診結果の新たな正常値について(14年5月1日)
 難聴の身体障害認定について(14年4月1日)
 STAP細胞の話題(14年3月1日)
LEDによる身体的影響 (14年2月1日)
2014年のスギ花粉飛散予測(14年1月1日)

2013年のコラム 
  デング熱について(14年10月1日)
 スギ花粉症の舌下免疫療法(13年12月1日)
 ロコモ症候群について (13年11月1日)
 脳卒中について (13年10月1日)
 コーヒーの功罪(13年9月1日)
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(13年8月1日)
 風疹大流行 (13年7月1日)
 お好み焼き粉でアレルギー? (13年6月1日)
 インフルエンザ(H7N9)に関して (13年5月3日)
 脳卒中の発症予測 (13年4月1日)
 PM2.5について (13年3月1日)
インフルエンザ対策(13年2月1日)
 2013年のスギ花粉飛散予測 (13年1月1日)

2012年のコラム 
 褐色脂肪細胞と肥満治療 (12年12月1日)
 マイコプラズマ肺炎 (12年11月1日)
 ポリオとワクチンについて(12年10月1日)
 西ナイル熱の流行 (12年9月1日)
 熱中症のメカニズム (12年8月1日)
 難聴への対応 (12年7月1日)
 良性発作性頭位めまい症(12年6月1日)
 飲酒と脳萎縮 (12年5月1日)
ヘッドホン難聴について (12年4月1日)
低線量被曝について (12年3月1日)
インフルエンザに関して(12年2月1日
2012年のスギ花粉飛散予測(12年1月1日)

2011年のコラム
 特殊な食物アレルギー (11年12月1日)
 飲める方か飲めない口か (11年11月1日)
 胃食道逆流症について (11年10月1日)
 ハチ毒のアレルギー (11年9月1日)
 熱中症重症化の因子 (11年8月1日)
 携帯電話と電磁波 (11年7月1日)
 腸管出血性大腸菌O111について(11年6月1日)
 地震酔いについて (11年5月1日)
 放射線被曝 (11年4月1日)
 禁煙補助薬チャンピックスについて (11年3月1日)
 イナビルについて (11年2月1日)
 2011年のスギ花粉飛散予測 (11年1月1日)

2010年のコラム
 医師の地域・診療科偏在(10年12月1日)
 新型インフルエンザを振り返る (10年11月1日)
 多剤耐性アシネトバクター(10年10月1日)
 ブタクサ花粉症 (10年9月1日)
 ヘルパンギーナについて (10年8月1日)
アラジン1について (10年7月1日)
手足口病について (10年6月1日)
授乳中の服薬について (10年5月1日
新インフルエンザ治療薬について (10年4月1日)
小児用肺炎球菌ワクチンについて (10年3月1日)
花粉症の舌下減感作療法 (10年2月7日)
2010年のスギ花粉飛散予測 (10年1月1日)

2009年のコラム
RSウイルスについて (09年12月1日)
子宮頸癌とウイルス (09年11月1日)
成人T細胞白血病・リンパ腫 (09年10月1日)
麻薬と覚醒剤 (09年8月15日)
新型インフルエンザへの対応変更(09年7月18日)
顎関節症について(09年6月23日)
新型インフルエンザ (09年5月17日)
鼻水の処理について(09年3月15日)
ダニの媒介する病気 (09年2月15日)
医師のライフスタイル (09年2月15日)
タミフル耐性インフルエンザウイルス(09年2月1日)
再び「新型インフルエンザ」について(09年1月15日)
09年のスギ花粉飛散予想 (09年1月1日)

2008年のコラム
痔の話題 (08年12月15日)
肺マック(MAC)症  (08年12月1日
コレステロールの話題 (08年11月15日)
ヘアケアに関する誤解 (08年11月1日)
「協会けんぽ」について (08年10月15日)
カロリーゼロって本当? (08年10月1日)
反復する耳下腺炎 (08年9月15日)
暑い中での睡眠 (08年9月1日)
注射針の使い回し(?) (08年8月15日)
経口補水塩(ORS)について(08年8月1日)
医師養成数の増加について (08年7月15日)
セラチアについて(08年7月1日)
後期高齢者医療制度 (08年6月15日)
高齢者担当医(かかりつけ医) (08年6月1日)
加齢臭について (08年5月16日)
NBIについて (08年5月1日)
ヒノキ花粉症 (08年4月15日)
メタボ健診について (08年4月1日)
うがいの効用 (08年3月15日)
新しい処方箋 (08年3月1日)
難治化する中耳炎 (08年2月15日)
粘膜ワクチンの話題 (08年2月1日)
iPS細胞の話題 (08年1月15日)
08年のスギ花粉予想 (08年1月1日)

2007年のコラム
RSウイルス感染症について (07年12月15日)
「ゲーム脳」批判 (07年12月1日)
アタマジラミについて(07年11月15日)
デング熱について (07年11月1日)
おたふく風邪と難聴 (07年10月15日)
診療科名と総合科について (07年10月1日)
葉酸について (07年9月15日)
血液サラサラ批判 (07年9月1日)
トランス脂肪酸 (07年8月15日)
GABA(ギャバ) (07年8月1日)
ためしてガッテン批判(07年7月15日)
男の更年期 (07年7月1日)
アメーバ赤痢 (07年6月15日)
百日咳  (07年6月1日)
はしか(麻疹) (07年5月15日)
リレンザの話題 (07年5月1日)
サリドマイド (07年4月15日)
再びタミフルについて (07年4月1日)
マイナスイオン (07年3月15日)
イレッサの話題 (07年3月1日)
インフルエンザワクチン (07年2月15日)
メニエール病 (07年2月1日)
MRIについて (07年1月15日)
07年の花粉予想 (07年1月1日)

2006年のコラム
07年のインフルエンザ (06年12月15日)
多剤耐性緑膿菌 (06年12月1日)
レジオネラ (06年11月15日)
ガンマナイフ (06年11月1日)
ピロリ菌について (06年10月15日)
AED(自動体外式除細動器)(06年10月1日)
コエンザイムQ10 (06年9月15日)
口腔アレルギー症候群 (06年9月1日)
顎関節症 (06年8月15日)
ダニ対策 (06年8月1日)
COPD (06年7月15日)
髄膜炎ワクチン (06年7月1日)
ポリフェノール (06年6月15日) 
若年性認知症 (06年6月1日)
禁煙の勧め(2) (06年5月15日)
禁煙の勧め(1) (06年5月1日)
うつ病セルフチェック (06年4月15日)
PET (06年4月1日)
急性喉頭蓋炎 (06年3月15日)
アフタ性口内炎 (06年3月1日)
今年(2006年)のスギ花粉症 (06年2月15日)
ギックリ腰 (06年2月1日)
トリアージ (06年1月15日)
ES細胞 (06年1月1日)

2005年のコラム
タミフルについて (05年12月15日)
新型インフルエンザ  (05年12月1日)
好酸球性中耳炎 (05年11月15日)
日本脳炎ワクチン(05年11月1日)
機能性難聴 (05年10月15日)
人工内耳(05年10月1日)
GERD (胃食道逆流症) (05年9月15日)
ADHD(注意欠陥・多動性障害)(05年9月1日)
メタボリックシンドローム  (05年8月15日)
アスベストと中皮腫 (05年8月1日)
O157について  (05年7月15日)
C型肝炎 (05年7月1日)
アスピリン喘息(05年6月15日)
眼精疲労 (05年6月1日)
ヘモグロビンA1c (05年5月15日)
耳鳴の新療法(TRT)  (05年5月1日)
NTG (正常眼圧緑内障) (05年4月15日)
個人情報の保護に関して (05年4月1日)
花粉対策 (05年3月15日)
口腔底癌について  (05年3月1日)
「レバ刺し」食中毒 (05年2月14日)
パニック障害について  (05年2月1日)
ノロウイルス感染症 (05年1月15日)
副鼻腔炎(蓄膿症) (05年1月1日)

2004年のコラム
エコノミークラス症候群 (04年12月15日)
溶連菌感染症 (04年12月1日)
滲出性中耳炎  (04年11月15日)
PTSD(外傷後ストレス障害)(04年11月1日)
混合診療 (04年10年15日)
適応障害 (04年10月1日)
標準体重 (04年9月15日)
ジェネリック医薬品 (04年9月1日)
狂犬病 (04年8月15日)
飲酒の話 (04年8月1日)
熱中症 (04年7月15日)
クラミジア感染症 (04年6月15日)
ベーチェット病 (04年6月1日)
喉頭アレルギー(04年5月15日)
声帯ポリープ (04年5月1日)
咽頭癌 (04年4月15日)
今年のスギ花粉症(04年4月1日)
脳梗塞 (04年3月15日)
狂牛病 (BSE)(04年3月1日)
鳥インフルエンザ  (04年2月15日)
肺炎球菌ワクチン (04年2月1日)
抗生物質  (04年1月15日)
春の花粉症 (04年1月1日)

2003年のコラム
扁桃炎と手術 (03年12月15日)
食道の異物 (03年11月30日)
かゆい耳 (03年11月15日)
子供の鼻出血 (03年10月31日)
インフルエンザ (03年10月15日)
難聴と補聴器 (03年9月30日)
突発性難聴 (03年9月15日)
秋の花粉症 (03年8月30日)
夏かぜ (03年8月15日)
伝染性単核球症 (03年7月31日)
睡眠時無呼吸症候群 (03年7月15日)
非定型性肺炎 (03年6月30日)
プール熱 (03年6月15日)
SARS (03年5月31日)

http://homepage3.nifty.com/kanENT/            2003:A.Saito all rights reserved