ホーム  自己紹介  医院紹介  よくある症状 リンク ギャラリー 

お知らせ



診療予定 当月と翌月の診療予定です

 ○診療時間については → こちらをご覧下さい。
 
一日診療日は 午前中の診療日は 一日休診日は
で示しています

 5月  6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
17日は臨時休診致します 臨時休診の予定はありません
トピックス 最近の話題から拾っています
専門医制度について(17年5月1日)

 
最近、時おり新聞などで「新専門医制度」が話題になっています。これは現在、それぞれの専門学会(耳鼻科とか内科など)で独自に認定している「専門医」の質的な向上や医師偏在是正などを目的として、専門医制度を「国民の視点」から再構築しようと云う目的で新たな仕組みを作ろうとしているのですが、いろいろな問題があって本格的な始動が遅れているからです。新制度の要点を簡単に云ってしまえば、専門医の認定や養成に関わるプログラムの評価・認定を中立的な第三者機関で統一的に行おうとするものなのですが…。
 現在、厚労省で認定されている基本的な専門科(基本領域)は以下の19です。
①内科②小児科③皮膚科④精神科⑤外科⑥整形外科⑦産婦人科⑧眼科⑨耳鼻咽喉科⑩泌尿器科⑪脳神経外科⑫放射線科⑬麻酔科⑭病理⑮臨床検査⑯救急科⑰形成外科⑱リハビリテーション科⑲総合診療
 これに「アレルギー」や「循環器」などのサブスペシャリティ領域とよばれるものが29ありますが、今回はそれには触れません。

 さて、専門医を目指そうとする医師は、原則国家試験合格後2年間の法に基づく臨床研修(前期研修)を終了した後、さらに3年以上の各学会認定の施設(大学病院など)で専門的な研修(後期研修)を行った上で学会の主催する専門医認定試験を受けることになります。研修期間や研修病院に制限はなく所定の経験を研修責任者が認めればよいことになっています(これをカリキュラム制と呼びます)。新制度では第三者機関である「日本専門医機構」が指導医数、症例数、研究業績等の基準を満たした研修プログラム(各大学や大きな病院がこれを提出します)を認定して、その関連施設などを巡って一定期間の研修を行うことになります(これをプログラム制と呼びます)。【下図参照】

 
 厚労省のHPより
 
 これに対して医師会や全国市長会などから多くの要望が提出されています。その原因の一つが、専門医を目指す医師(専攻医)が研修を受けやすい大学病院や大病院のある都市部に集中し、地域の中小病院での医師不足に拍車がかかり、中小病院が危機に陥り更には地方創生に逆行すると云うものです。さらに総ての医師が専門医となると、専門外の診療を敬遠する傾向が生まれ、多くの診療科を整備できない中小病院での診療がますます困難になると予想されます。更に、専門医を取得することが義務化されれば、専門医として第一線に立つまでに長い期間がかかり(最短でも30歳くらいになります)結果的に医師不足を助長しかねず、専門的な検査や診療に伴う医療費の増大も懸念されるなどと云うものです。
 これらの意見はそれなりに説得力があるもので、検討会などでは専門医の取得を義務化しないことを銘記することや、妊娠や出産等の事情により研修プログラムを中断せざるを得ない場合を考慮して一部カリキュラム制の導入も考えているようです(専門医取得を義務化しない点などについては一部学会から批判もあります)。
 海外の専門医では、フランスは国が専門医の選抜試験を行い成績順に専門診療科を選択できるのですが専門科毎に定員があるそうです(かなり厳しい?)。ドイツでは医師会により規定され試験も医師会が行います。韓国でも医師会と病院協会が試験や専門医の配置をしています。米国は日本の新専門医制度と似ていて第三者機関であるABMS(American Board of Medical Specialist)が制度と専門医の認定を行っています。
 
 まだ新専門医制度に関しては議論も多く、専門学会によって対応に温度差があるようです。当初、平成29年度を目安に開始する予定だった新専門医制度は実施を一年先延ばしにし、平成30年度を目途に基本領域の専門医の養成を一斉に開始することが予定されています。できるかどうか微妙です。ちなみに、耳鼻咽喉科は新専門医制度への対応が素早く、資格更新も新制度に順次切り替わっていますが、耳鼻咽喉科専門医を取得したいと思っている医師は平成28年度アンケートで2.6%しかいません。最も多いのは内科領域で34.2%、最も少ないのは臨床検査で0%でした。敬遠されていると云われる外科領域は10.7%で内科に次いで2番目でした。

              【今までのコラムはこの下を参照↓】 

2017年のコラム 
医師国家試験について(17年4月1日)
豆乳の口腔アレルギーについて(17年3月1日)
加齢性難聴(老人性難聴)について(17年2月1日)
2017年のスギ花粉飛散予測(17年1月1日)

.
2016年のコラム 
 オプジーボについて(16年12月1日)
 言語聴覚士について(16年11月1日)
 麻疹(はしか)の流行 (16年10月5日)
 2016年流行性耳下腺炎の流行(16年9月1日)
 ドーピングに関して(16年8月1日)
 IROOPってなに?(16年7月1日)
 気管支サーモプラスティについて(16年6月1日)
 「エコノミークラス症候群」について(16年5月1日)
男性の更年期障害について(16年4月1日)
ジカ熱について(16年3月1日)
胃がん確率 簡易チェックについて(16年2月1日)
2016年のスギ花粉飛散予想(16年1月1日) 


2015年のコラム 
ボタン型電池の誤飲 (15年12月1日)
顧みられない熱帯病について(15年11月1日)
公認心理師の創設について(15年10月1日)
劇症型溶血性連鎖球菌感染症(15年9月1日)
電子タバコについて(15年8月1日) 
中東呼吸器症候群(MERS)について(15年7月1日)
 コーヒーで長寿 (15年6月1日)
 エボラ出血熱の現況 (15年5月1日)
 スマホ難聴に注意(15年4月1日)
 COPD(慢性閉塞性肺疾患)について(15年3月1日)
扁桃病巣感染症について(15年2月1日)
2015年スギ花粉飛散予測(15年1月1日)

2014年のコラム 
 軟骨伝導補聴器について(14年12月1日)
 ピロリ菌について(14年11月1日)
 デング熱について(14年10月1日)
 エボラ出血熱について(14年9月1日)
 精神疾患名の変更(14年8月1日)
 STAP細胞の今 (14年7月1日)
 ホウ素中性子補足療法について(14年6月1日)
 健診結果の新たな正常値について(14年5月1日)
 難聴の身体障害認定について(14年4月1日)
 STAP細胞の話題(14年3月1日)
LEDによる身体的影響 (14年2月1日)
2014年のスギ花粉飛散予測(14年1月1日)

2013年のコラム 
  デング熱について(14年10月1日)
 スギ花粉症の舌下免疫療法(13年12月1日)
 ロコモ症候群について (13年11月1日)
 脳卒中について (13年10月1日)
 コーヒーの功罪(13年9月1日)
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(13年8月1日)
 風疹大流行 (13年7月1日)
 お好み焼き粉でアレルギー? (13年6月1日)
 インフルエンザ(H7N9)に関して (13年5月3日)
 脳卒中の発症予測 (13年4月1日)
 PM2.5について (13年3月1日)
インフルエンザ対策(13年2月1日)
 2013年のスギ花粉飛散予測 (13年1月1日)

2012年のコラム 
 褐色脂肪細胞と肥満治療 (12年12月1日)
 マイコプラズマ肺炎 (12年11月1日)
 ポリオとワクチンについて(12年10月1日)
 西ナイル熱の流行 (12年9月1日)
 熱中症のメカニズム (12年8月1日)
 難聴への対応 (12年7月1日)
 良性発作性頭位めまい症(12年6月1日)
 飲酒と脳萎縮 (12年5月1日)
ヘッドホン難聴について (12年4月1日)
低線量被曝について (12年3月1日)
インフルエンザに関して(12年2月1日
2012年のスギ花粉飛散予測(12年1月1日)

2011年のコラム
 特殊な食物アレルギー (11年12月1日)
 飲める方か飲めない口か (11年11月1日)
 胃食道逆流症について (11年10月1日)
 ハチ毒のアレルギー (11年9月1日)
 熱中症重症化の因子 (11年8月1日)
 携帯電話と電磁波 (11年7月1日)
 腸管出血性大腸菌O111について(11年6月1日)
 地震酔いについて (11年5月1日)
 放射線被曝 (11年4月1日)
 禁煙補助薬チャンピックスについて (11年3月1日)
 イナビルについて (11年2月1日)
 2011年のスギ花粉飛散予測 (11年1月1日)

2010年のコラム
 医師の地域・診療科偏在(10年12月1日)
 新型インフルエンザを振り返る (10年11月1日)
 多剤耐性アシネトバクター(10年10月1日)
 ブタクサ花粉症 (10年9月1日)
 ヘルパンギーナについて (10年8月1日)
アラジン1について (10年7月1日)
手足口病について (10年6月1日)
授乳中の服薬について (10年5月1日
新インフルエンザ治療薬について (10年4月1日)
小児用肺炎球菌ワクチンについて (10年3月1日)
花粉症の舌下減感作療法 (10年2月7日)
2010年のスギ花粉飛散予測 (10年1月1日)

2009年のコラム
RSウイルスについて (09年12月1日)
子宮頸癌とウイルス (09年11月1日)
成人T細胞白血病・リンパ腫 (09年10月1日)
麻薬と覚醒剤 (09年8月15日)
新型インフルエンザへの対応変更(09年7月18日)
顎関節症について(09年6月23日)
新型インフルエンザ (09年5月17日)
鼻水の処理について(09年3月15日)
ダニの媒介する病気 (09年2月15日)
医師のライフスタイル (09年2月15日)
タミフル耐性インフルエンザウイルス(09年2月1日)
再び「新型インフルエンザ」について(09年1月15日)
09年のスギ花粉飛散予想 (09年1月1日)

2008年のコラム
痔の話題 (08年12月15日)
肺マック(MAC)症  (08年12月1日
コレステロールの話題 (08年11月15日)
ヘアケアに関する誤解 (08年11月1日)
「協会けんぽ」について (08年10月15日)
カロリーゼロって本当? (08年10月1日)
反復する耳下腺炎 (08年9月15日)
暑い中での睡眠 (08年9月1日)
注射針の使い回し(?) (08年8月15日)
経口補水塩(ORS)について(08年8月1日)
医師養成数の増加について (08年7月15日)
セラチアについて(08年7月1日)
後期高齢者医療制度 (08年6月15日)
高齢者担当医(かかりつけ医) (08年6月1日)
加齢臭について (08年5月16日)
NBIについて (08年5月1日)
ヒノキ花粉症 (08年4月15日)
メタボ健診について (08年4月1日)
うがいの効用 (08年3月15日)
新しい処方箋 (08年3月1日)
難治化する中耳炎 (08年2月15日)
粘膜ワクチンの話題 (08年2月1日)
iPS細胞の話題 (08年1月15日)
08年のスギ花粉予想 (08年1月1日)

2007年のコラム
RSウイルス感染症について (07年12月15日)
「ゲーム脳」批判 (07年12月1日)
アタマジラミについて(07年11月15日)
デング熱について (07年11月1日)
おたふく風邪と難聴 (07年10月15日)
診療科名と総合科について (07年10月1日)
葉酸について (07年9月15日)
血液サラサラ批判 (07年9月1日)
トランス脂肪酸 (07年8月15日)
GABA(ギャバ) (07年8月1日)
ためしてガッテン批判(07年7月15日)
男の更年期 (07年7月1日)
アメーバ赤痢 (07年6月15日)
百日咳  (07年6月1日)
はしか(麻疹) (07年5月15日)
リレンザの話題 (07年5月1日)
サリドマイド (07年4月15日)
再びタミフルについて (07年4月1日)
マイナスイオン (07年3月15日)
イレッサの話題 (07年3月1日)
インフルエンザワクチン (07年2月15日)
メニエール病 (07年2月1日)
MRIについて (07年1月15日)
07年の花粉予想 (07年1月1日)

2006年のコラム
07年のインフルエンザ (06年12月15日)
多剤耐性緑膿菌 (06年12月1日)
レジオネラ (06年11月15日)
ガンマナイフ (06年11月1日)
ピロリ菌について (06年10月15日)
AED(自動体外式除細動器)(06年10月1日)
コエンザイムQ10 (06年9月15日)
口腔アレルギー症候群 (06年9月1日)
顎関節症 (06年8月15日)
ダニ対策 (06年8月1日)
COPD (06年7月15日)
髄膜炎ワクチン (06年7月1日)
ポリフェノール (06年6月15日) 
若年性認知症 (06年6月1日)
禁煙の勧め(2) (06年5月15日)
禁煙の勧め(1) (06年5月1日)
うつ病セルフチェック (06年4月15日)
PET (06年4月1日)
急性喉頭蓋炎 (06年3月15日)
アフタ性口内炎 (06年3月1日)
今年(2006年)のスギ花粉症 (06年2月15日)
ギックリ腰 (06年2月1日)
トリアージ (06年1月15日)
ES細胞 (06年1月1日)

2005年のコラム
タミフルについて (05年12月15日)
新型インフルエンザ  (05年12月1日)
好酸球性中耳炎 (05年11月15日)
日本脳炎ワクチン(05年11月1日)
機能性難聴 (05年10月15日)
人工内耳(05年10月1日)
GERD (胃食道逆流症) (05年9月15日)
ADHD(注意欠陥・多動性障害)(05年9月1日)
メタボリックシンドローム  (05年8月15日)
アスベストと中皮腫 (05年8月1日)
O157について  (05年7月15日)
C型肝炎 (05年7月1日)
アスピリン喘息(05年6月15日)
眼精疲労 (05年6月1日)
ヘモグロビンA1c (05年5月15日)
耳鳴の新療法(TRT)  (05年5月1日)
NTG (正常眼圧緑内障) (05年4月15日)
個人情報の保護に関して (05年4月1日)
花粉対策 (05年3月15日)
口腔底癌について  (05年3月1日)
「レバ刺し」食中毒 (05年2月14日)
パニック障害について  (05年2月1日)
ノロウイルス感染症 (05年1月15日)
副鼻腔炎(蓄膿症) (05年1月1日)

2004年のコラム
エコノミークラス症候群 (04年12月15日)
溶連菌感染症 (04年12月1日)
滲出性中耳炎  (04年11月15日)
PTSD(外傷後ストレス障害)(04年11月1日)
混合診療 (04年10年15日)
適応障害 (04年10月1日)
標準体重 (04年9月15日)
ジェネリック医薬品 (04年9月1日)
狂犬病 (04年8月15日)
飲酒の話 (04年8月1日)
熱中症 (04年7月15日)
クラミジア感染症 (04年6月15日)
ベーチェット病 (04年6月1日)
喉頭アレルギー(04年5月15日)
声帯ポリープ (04年5月1日)
咽頭癌 (04年4月15日)
今年のスギ花粉症(04年4月1日)
脳梗塞 (04年3月15日)
狂牛病 (BSE)(04年3月1日)
鳥インフルエンザ  (04年2月15日)
肺炎球菌ワクチン (04年2月1日)
抗生物質  (04年1月15日)
春の花粉症 (04年1月1日)

2003年のコラム
扁桃炎と手術 (03年12月15日)
食道の異物 (03年11月30日)
かゆい耳 (03年11月15日)
子供の鼻出血 (03年10月31日)
インフルエンザ (03年10月15日)
難聴と補聴器 (03年9月30日)
突発性難聴 (03年9月15日)
秋の花粉症 (03年8月30日)
夏かぜ (03年8月15日)
伝染性単核球症 (03年7月31日)
睡眠時無呼吸症候群 (03年7月15日)
非定型性肺炎 (03年6月30日)
プール熱 (03年6月15日)
SARS (03年5月31日)

http://homepage3.nifty.com/kanENT/            2003:A.Saito all rights reserved